多摩川の平蔵 + ニャンコ

コメント返し挫折してます( ̄ω ̄;) Twitterの方にレスいただけると早くお返事できます(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなこと、人間用のワクチンだったらえらい騒ぎになるのに…


Category: その他   Tags: ---
ウイルス:犬ワクチンに混入 京大など調査 
(毎日新聞 http://mainichi.jp/kansai/news/20100207k0000e040001000c.html)

 犬のジステンパーの予防など、国内で広く使われている混合ワクチンに、感染力のある想定外のウイルスが混入していることが、京都大と英グラスゴー大の調査で分かり、米ウイルス学専門誌に発表した。研究チームは「すぐ感染被害が起きる恐れはないが、ワクチンの検査法や混入を防ぐ製造法の検討が必要」と話す。

 研究チームは、日欧で販売されているネコワクチン4種、犬ワクチン10種を調べた。混入していたのは、細胞内の染色体に入り込むレトロウイルスと呼ばれるタイプのRD114ウイルス。分析の結果、ネコ1種、犬3種に混入し、感染力のあるウイルスの検出量は、ネコが1ミリリットル当たり1.8個、犬は最大1800個。同じ商品でも、ロットによって未混入のものもあった。

 調べたワクチンは生ワクチンと呼ばれ、対象疾患を起こすウイルスの毒性を弱め、生きたまま使う。混合ワクチンでは、製造時にウイルスを増やす際、ネコの細胞を使う。このネコの細胞中のウイルスが混入したらしい。

 ネコワクチンの場合は、ネコ自身が持つウイルスのため、混入しても健康被害はないとみられる。一方、犬ワクチンへの混入について、研究チームは「ほとんどの犬に影響はないだろうが、世界で年数百万頭に接種されており、一部が感染してウイルスの変異が起き、感染拡大の恐れは否定できない」とする。

 現在、動物ワクチンの製造過程では、RD114混入の検査体制はない。宮沢孝幸・京都大准教授(ウイルス学)は「欧州では行政と製薬会社が、分析と対策について検討している。日本でも、ウイルスの危険性の有無の確認や混入の防止法の検討を始めるべきだ」と話している。


それに関して獣医さんのブログでこんなの 発見(*゚Д゚)
(どうぶつ病院診療日記 http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/31342592.html

大学としては平等に検査していないので混入が確認されたワクチンメーカー名と商品名を公表するつもりは無い
ウイルスの検出技術が進歩したから今回確認されたけど
ウイルスが混入しているワクチンだって今まで安全に使用されてきたんだから
おおむね問題はないでしょうから過剰反応はしないで…という話のようですが

確かに危険性があるんだかどうだかわからないウィルスを警戒して
混合ワクチンの接種をしなかったら明らかに危険な病気から愛犬愛猫を守れなくなってしまう
というのは本当ににそのとおりだが
注射の打ち渋りを警戒するならばなおのこと混入が見つかったワクチンを公表するべきではないだろうか
適切でない弁解による対応の遅れがプリウスのリコールに発展してしまったようなことは避けることが出来るのでは?
製薬メーカーには安全なワクチンを供給できるように一刻も早く改善をしていただきたい

ちなみに平蔵が今までに打ったことがあるのは デュラミューン8、キャナイン9、ユーリカン5 でした
デュラミューンの共立製薬は「猫由来の細胞は使っていないし検査機関の試験でもウイルスは検出さていません」と発表してます
共立製薬 http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/topics/view.php?newst_list_id=174

他の製薬会社は今のところ発表は無いようです

追記
ユーリカンのメリアルジャパンは「社内調査の結果混入はありません」と発表しました
メリアルジャパン http://jp.merial.com/

更に追記
キャナインの京都微研は「混入している可能性がある」旨の発表をしました
京都微研 http://www.kyotobiken.jp/news/info/20100216.html

以下はどうぶつ病院診療日記の管理人の獣医さんが論文の責任著者である京都大学ウイルス研究所の宮沢孝幸先生にメールで問い合わせをしたものとそれに対する回答です
(そのまま転載)

質問1.RD114ウイルスは獣医微生物学の教科書にも載っておりませんが、そもそもどのようなウイルスなのでしょうか。
回答1.RD114は猫の感染性の内在性レトロウイルスです。内在性レトロウイルスとは大昔(数万年以上前)に宿主動物に感染して、生殖細胞のゲノムに入り込んだレトロウイルスのことです。ウイルスがゲノムに入り込んだ細胞から個体が発生するために、猫の細胞にはあまねくこのウイルスゲノムは入っています。RD114ウイルスは、猫属の祖先動物に500万年(500年ではありません)ほど前に感染し、ゲノムに入り込んだと考えられています。つまり猫はRD114ウイルスと共存して進化してきたと考えられています。

質問2.RD114ウイルスの犬・猫に対する感染性や病原性は現時点でどの程度分かっているのでしょうか。
回答2. RD114ウイルスは試験管内では猫の細胞に効率良く感染しますが、回答1に述べた理由で、たとえRD114ウイルスが猫に感染したとしても悪さをする可能性はないと思われます。また、ワクチン中に含まれていたRD114ウイルスは極めて微量のため、感染は成立しないと考えられます。
一方、RD114ウイルスが犬に感染するかどうかはまだわかっておりません。ワクチン中に含まれていた量のRD114ウイルスでは、犬が感染することはまずないと考えられます。しかしながら毎年何百万頭の仔犬がワクチンを接種されているので、極めて少数の個体が感染する可能性は否定できません。研究者は集団レベルでの問題を懸念しており、そのためRD114ウイルスが混入していないワクチンを製造する方が良いと考えています。

質問3.混入のあったワクチンのメーカー名・商品名は、公開されないのでしょうか。
回答3. 我々はすべてのワクチンについて「平等かつ広範に」調べてないため、調査したワクチンメーカー名と商品名をお教えすることは出来ません。今回の研究の目的はRD114ウイルスがいくつかのワクチンに存在するかどうかを調べることであり、すべてのワクチンについてRD114ウイルスの存在の有無を調べているわけではありません。論文に書いてあるように、あるワクチンはいくつかのロットの複数のバイアルを調べ、あるワクチンは1つのロットの少数のバイアルしか調べていません。(なお当然のことながら、「感染性の」RD-114ウイルスは不活化ワクチンには入っていないと考えられます。)

質問4.発表論文は入手できますか?
回答4.Journal of VirologyのWeb siteからダウンロードできます。著者がお金を負担してオープンアクセスにしましたので、無料でダウンロードできます。URLは以下の通りです。http://jvi.asm.org/cgi/content/abstract/JVI.02715-09v1

質問5.混入したワクチン名が公表されないとなると、そのワクチンを犬に接種し続けることになりますが、それでも良いのでしょうか?
回答5.RD114ウイルスが混入しているワクチンも長年安全に使用されてきました。従って、たとえRD114ウイルスが混入したワクチンを使用したとしても、少なくとも個体レベルではジステンパーウイルスやパルボウイルスなどの病原性ウイルスへの感染のリスクよりも、ワクチンを接種することによるベネフィットの方がはるかに勝ると考えています。しかし、回答2で述べたように、犬の集団レベルでどのような結果をもたらすかについては予測不能であり、将来的にはRD114ウイルスの混入のないワクチンを用いるべきであると考えています。

質問6.なぜ今になって、RD114ウイルスが問題になってきたのでしょうか?
回答6.ワクチン中の(望まない)ウイルスの検出技術は常に進歩しています。RD114ウイルスは以前のウイルス検出技術では見つけられず問題にされてこなかったのですが、技術の進歩と共にウイルス検出感度も上がったため、その存在が明らかになり問題が顕在化したものです。



平蔵は猫由来のワクチン打ってるなぁ…大丈夫かなぁ
・キャナイン9は
猫腎継代(CRFK)細胞培養弱毒イヌパルボウイルス KY-2/L株  
猫腎継代(CRFK)細胞培養弱毒イヌコロナウイルス を使用
(http://www.nval.go.jp/asp/asp_showDetail_DR.asp?argeCode=5324)
・ユーリカン5はCRFK細胞(猫由来)培養弱毒犬パルボウイルス(CPV-115-780916株)を使用
(http://www.nval.go.jp/asp/asp_showDetail_DR.asp?argeCode=4540)

4/1追記
デュラミューン8が製造中止?という話を聞いたので
病院に行ったついでにちょっと先生に聞いてみたら
「今度はデュラミューンMX8になりました」…???
あれ?ちょっとまって…
共立製薬の公式発表が出てるのは…MXの方だわ
じゃ、古い方はどうなの?大丈夫なの?猫由来の細胞は使ってないみたいだけど…
ちゃんと聞いてくれば良かったわ(;´Д`)
スポンサーサイト


Comments

ファイザー製薬だったよ。ダメかなー???
父ちゃん、心配しております。
 
わが家は ずっと『デュラミューン8』ですぅ

無知なアタシが勝手に思っていることなのですが
わが家の平蔵が皮膚病を発症したのは
1歳のワクチン接種からなのですよねぇ~
だから今も 皮膚の調子が悪いときはワクチン接種を控えてますが、、、
こういったニューズには敏感に反応していきたいわ!(・_・)!
 
>元禄母ちゃんさん
ファイザーは今の所コメント出してないみたいよ
でもファイザーは大丈夫な気がする…猫の細胞使ってるけど不活化ワクチンって書いてあったよ
獣医さんに聞いたほうがいいかもね
 
>むくさん
お、じゃあとりあえずは安心ですね!
ワクチンで副作用が出るってことあるみたいね
打つ前に先生に脅かされる説明されるよね
皮膚に出ることもあるのかなぁ
薬も毒も似たようなもんだもんね(・ω・;A
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
おいでやす

からこ

リンクフリーです
画像等の無断使用はお断りします

 
ALL SHIBAINU WEBRING
 
Instagram
 
Twitter
 
 
FC2カウンター
 
 
 
お気に入り♪
 
お気に入りその2♪
 
いくつになったの
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 
ねこちか2
猫触ってみてちょ( ・ω・)っ
 
ブログペット

 
ペット擬人化メーカー
 
柴犬族

 
投げ文

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブログ内検索
 
楽天
 
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。